ブログ一覧

小吸い物 八寸 酒三献目 千鳥の盃 

 よし庵では、アフターコロナの時代であっても茶事に対して前向きな姿勢で臨んでおります。お互いの距離を保てるよう少し形を変えて行ってゆきたいと思っています。
 しかし400年続く伝統も大切です。


こちらの動画は、伝統に則った作法と、時代の流れを取り入れた新しい作法との2本立てで構成されています。

 


●従来の茶事形式での
小吸い物 八寸 酒三献目 千鳥の盃
●アフターコロナの
小吸い物 八寸 酒三献目 千鳥の盃

 ところで皆さま…
アフターコロナの席で、いつも綺麗な小鳥の唄い声が窓から流れてくるのにお気付きでしょうか?
この美声、ソフトでのアフレコではないのです。
本当に撮影になると唄ってくれるのです。
合成みたいに良く出来た唄声ですよね?
綺麗な声なんですよ。本当に上手なんです。

 私が好きなテレビ番組『ブラタモリ』で、タモリさんが言っていました。鳥にも唄の上手下手があると。
やっぱり唄の上手な鳥の方がモテるんでしょうね。
イケメンならぬ、イケチュン🦜

 不思議なことに、撮影が始まると唄ってくれるんです。だから宗嘉先生に聞きました。
『先生、鳥も呼べるんですか?』って。
『呼べないっ!』と即答。
宗嘉先生ね、興味のないことには非常にクールです。
時間がもったいないって。
『あ、そ』
でも呼んでるんじゃないのかなぁ…
きっとまた唄ってくれると思いますので、皆さまそちらもお楽しみに😊

2020年06月08日

アフターコロナ ちどりの盃


従来のちどりの盃



アフターコロナのちどりの盃

畳一畳にお客は一人座ります。

八寸がなくなり代わりに銘々皿による海のもの山のものが出され、お酒の飲みまわしは致しません。

私のお教室の生徒さんはほとんど全員が私を含めてお酒が飲めません。なのでコロナ以前からちどりの盃では、酒の代わりに名水を使っていました。



亭主 『どうかお流れを』

正客 『別杯のお持ち出しを』

亭主 『持ち出しがございませんので』

正客 『それでは形式だけで』

亭主は酒をいただく

亭主が飲み終わると正客は 『どうご納盃ください』

亭主 『納盃させていただきます』


2020年06月04日

且座茶事

コロナにより当分の間は3密を避けるため花月は控えたほうが良いと思いますが、花月はお稽古をしないと忘れてしまいます。
そこでできるだけ花月の形を崩さず、3広で行えるようにアレンジしました。

茶事は3広でできますが、花月は3広では無理です。

3広とは
お客様同士が1メール間隔を保てる広さの控室
畳一畳にお一人様の茶室
広いお庭からの新鮮な風

3広での茶事を考えてみました。(あくまでもコロナが完全に終息するまです。終息したら通常の茶事・花月に戻ります)

流れ

ご挨拶

懐石料理

和菓子

休憩

花・炭点前・お香・濃茶・薄茶

一期一会の挨拶

2020年06月01日

節分の茶事

汁・・・白味噌汁

向附・・・鰯の酢締め


盛椀・・・菜の花のすり流し


焼き物・・・鰤の黒酢焼


預鉢・・・厚揚げ、かぶの炊き合わせ


強肴・・・3色合え


はしあらい

八寸





2020年02月16日

壺荘茶事

11月24日(日)12:00


・飯・・白飯
・汁・・合わせみそ 海老芋 小豆 辛子

・向附・・鯛の一塩昆布和え もって菊 穂じそ 山葵
・盛椀・・れんこんとえびの小判焼き 銀杏 しめじ 三つ葉

 

・焼物・・秋鮭のいくら焼き 

 

・進肴・・なめこおろし和え

 

・箸洗・・さつまいも 昆布 梅干し
・八寸・・サーモンの菊花巻き こんにゃくのマヨネーズ焼き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月21日